ASSG公開 ver3.0.3

本日、ASSG(ver3.0.3)を公開いたします。 ダウンロードの前に「ソフトウェアダウンロードに関する注意事項」をお読みいただき、同意のうえGoogleドライブよりダウンロードしてください。 drive.google.com 1.GoogleドライブよりASSG.zipをダウンロードします…

ASSGエディターの紹介

先日、ASSGのソフト公開を宣言したのですが、準備が進んでいません。もう少しお待ちください。 今日はASSGのエディターをご紹介します。 先日VSCodeとの連携を可能にしましたが、結局ASSGの方が使いやすいということでこちらを強化しました。 残る不満はカラ…

ASSG公開の予告です

開発協力者のAさんにVSCode連携を使って貰ったのですが、微妙な反応でした。 Aさん曰く、 VSCodeで開くと色も付いて、段下げも見やすいんだけど、それだけ。 VSCodeで編集しようとすると、フィールド名を調べないといけない。 ’SELECT'って入力すれば、selec…

VisualStudioCodeと連携しました

最近ASSGの機能アップに集中して、ブログの更新が手薄になっていました。 2つの機能アップを終えたので、その1つ目を紹介します。 以前から課題になっていたエディタ画面の見やすさを解消しました。 エクセルのテキストボックスをエディタにしていたので、…

ひとりごと Acrobat Readerが遅い!

この数日、ASSGに「プロシージャー」機能を追加している。 知識が乏しいのでRPG解説書などを読んでいるが、AcrobatReaderの動作が緩慢で思考が途切れます。 下記URLの対応でかなり改善しました。 https://community.adobe.com/t5/acrobatフォーラム/acrobat-…

帳票設計を機能アップ

最近はコロナ禍の影響もありペーパレスが一段と進んでいます。 帳票出力の要望は少なく、もっぱらCSV出力になっていました。その方がデータとして活用もできて文字数の制限も少ないので、開発者もエンドユーザーもWinWinじゃないでしょうか(某総理の口調で…

ひとりごと CNTFLDの罠

いつの頃からあるのか分からないのですが、2行以上にまたがる入カフィールドが可能ですね。幾つか制約があって、出カフィールドはダメ(入出力の保護にして回避)、サブファイルはダメですね。 今日知ったのは、前のフィールドとは2桁以上空けないとダメ。マ…

自動生成サブルーチン #disp_record_SEARCHについて

#disp_record_SEARCHは検索のサブルーチンです。 画面設計の[検索]のオウンコードをサブルーチンにします。 一例として検索のオウンコードと、生成後のRPGコードを紹介します。 [検索のオウンコード] ======================================= CALLP SRCT…

自動生成サブルーチン #disp_record_CHECKについて

#disp_record_CHECKは入力チェックのサブルーチンです。 画面設計の[入力チェック]のオウンコードをサブルーチンにします。 一例として入力チェックのオウンコードと、生成後のRPGコードを紹介します。 [入力チェックのオウンコード] ===================…

自動生成サブルーチン disp_record_INITATRについて

disp_record_INITATRは属性初期化のサブルーチンです。 //-------------------------------------------------------------------- // #DSP04_INITATR 属性初期化 //-------------------------------------------------------------------- BEGSR #DSP04_INI…

自動生成サブルーチン #disp_record_INITFLDについて

#disp_record_INITFLDはフィールド初期化のサブルーチンです。 //-------------------------------------------------------------------- // #DSP04_INITFLD フィールド初期化 //-------------------------------------------------------------------- BEG…

自動生成サブルーチン #disp_recordについて

#disp_recordは画面入出力を行うサブルーチンです。 0010 //-------------------------------------------------------------------- 0011 // #DSP01入出力 0012 //-------------------------------------------------------------------- 0013 BEGSR #DSP01…

自動生成サブルーチン #SCREEN_BACKについて

#SCREEN_BACKは前画面に遷移(戻る)するためのサブルーチンです。 //------------------------------------------------------------ // #SCREEN_BACK 前画面に戻る //------------------------------------------------------------ BEGSR #SCREEN_BACK; /…

自動生成サブルーチン #INITについて

初期処理サブルーチン[#INIT]のご紹介です。 #INITのオウンコード部分は、サブルーチン一覧に登録が必要です。 後半に第一画面への遷移コードが自動生成されます。 //------------------------------------------------------------------------------ // 初…

サブルーチンの自動生成について

ASSGの対話型プログラムでは、「サブルーチンの自動生成」が可能です。 自動生成されるルーチンは下記の通りです。 MAIN:メインルーチン(画面遷移の制御部分のみ) #INIT:初期処理(第一画面への画面遷移部分のみ) #SCREEN_BACK:前画面遷移 #disp_record…

AS400のWINDOW表示と罫線に悩む

AS400でもWINDOW表示が使えるようになり、画面デザインの幅が広がりました。 ところが、WINDOW内に罫線を引くのにとても悩みました。 WINDOW本体のレコードと罫線レコードのレコードキーワードで、 WINDOW(2 60 10 10) のように指定しても罫線は表示できませ…

ひとりごと、光回線

いま、我が家のインターネット回線はNTTのフレッツ光回線です。契約プランは「光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ」。下り200Mbps/上り100Mbpsなんですが、去年の夏ころから速度が出なくなりました。どうもコロナで在宅勤務が増えたのが原因らしいで…

ドキュメントの機能改善

ドキュメントの機能改善 途中経過報告です。 テンプレートを使うことはできました。 Sheets.Add(before:=Worksheets("sheet1"), Type:=Template_Path).name = new_name Template_Path:テンプレート用ブックファイルのPath new_name:追加するシート名 ただ、…

ドキュメントについて

唐突ですが、エクセルって本当に便利なツールですよね。様々な使い方があると思うのですが、アプリの開発でも各種の仕様書やDB設計書やフローチャートなどなど、切り離せない存在です。 ASSGは開発ツールなので、仕様書やフローチャートなどのドキュメント…

ひとりごと、エクスプローラーが使い難い!

Windowsは3.1の時代から使っているけど、時に新しいバージョンになると使い難くなってることがある。Win10でエクスプローラーを開くと「クイックアクセス」が開くようになった。Cドライブはどこだ?ネットワークはどこだ?って、目的の場所を開くのに手間が…

設計情報の保管と復元

ASSGはExcelVBAを使って開発しています。アプリケーションとデータ(設計情報)を切り離すようにしているので、次のようなメリットが得られています。 ブックファイルが肥大化しない アプリケーションがバージョンアップしても過去の設計情報が使える テンプ…

SQLについて

RPGで扱うファイルはF仕様書で定義し、READ/CHAIN/WRITE命令で読み書きすることが続いていたと思います。RPGサイクルを使って読み書き命令を書かないこともありました。まぁ、それはそれで短時間で作れるし、コード行数が少ないので品質の良いプログラム…

エディタについて

ここまで、ASSGで扱うRPG生成に直結する主な機能をご紹介してきました。 ここからはエディタ機能や設計情報保管/復元などの補助的な機能をご紹介します。 今回はエディタです。エディタは・・・機能低いです。できれば構文チェックや色付けなどの機能を盛り…

プロトタイプについて

これまで、ファイル、画面、帳票、ワークの各フィールドについてご紹介してきました。 今回はプロトタイプです。これがASSGで扱うすべてのフィールドです。 ASSGでは共通サブルーチンのプログラム名やパラメータフィールドを、「プロトタイプ」で定義します…

帳票設定について

またまた昔話で恐縮ですが、印刷出力の定義は「O仕様書」のみでやっていました。外部定義が有ったのかは記憶にありませんが、とにかく「O仕様書」でした。この「O仕様書」がやっかいで、フィールドの桁指定は「終わりの位置」なんですね。 ReportProgramGene…

フィールドの挿入について

若い頃はRPGだけを使っていたので迷うことはなかったけど、色々な言語を使っていると、同様の命令コードを迷うことがあります。私が一番間違うのは[SELECT]命令です。[SELECT CASE]だったか[SELECT WHEN]だったか、しょっちゅう迷っていました。 ASSGを使…

データ定義について

ワークフィールドは気を抜くと乱雑になり、後で見たときにRPGコードが追えなくなることがあります。時々目にするスイッチ的なワークを多用したプログラムは、スパゲティコードと同様にバグの原因になりますね。 ASSGではワークフィールドはデータ定義タブ…

共通メモについて その2

仕事をしていると「メモ」って結構取りますよね。ノートに書いたり、何かの裏紙に書いたり。でも、後から見ようとすると探すのに苦労します。 また、マニュアルの同じページを何度も見て、「あ~、なんて物覚えが悪いんだオレ」って悲しくなります。それを解…

共通メモ機能について

二年程前から、C仕様書はFFで書くようになりました。 またファイルの読み書きはSQL文で書くようになりました。 理由は見やすいし、RPG未経験者でもなんとか読める、からです。 ただ困ったことに、命令コードを他の言語と間違えます。SEUだと文法…

画面フィールドのイベント2 検索

基幹システムの開発を始めた頃の話ですが・・・ 伝票入力は、紙の伝票に手書きして、得意先コードや商品コードを調べて記入してから端末に向かって入力していました。そもそも自分の机には端末など無い時代。一台の端末を共有していました。 今ではコード検…